広瀬塗装店

一戸建て住宅の外壁塗装・屋根塗装は広瀬塗装店へ
兵庫県神戸市北区鹿の子台南町2-7-11

広瀬塗装店のブログページです

ブログRSS

広瀬塗装店のブログ

広瀬塗装店のブログ
  • たうんらいふ塗装のイロハ達人ノート

    たうんらいふ9月号に広瀬塗装店(神戸市北区)の記事が掲載されています。
    塗装のイロハ達人ノートVOL.49 『屋根遮熱塗料の性能効果について』
    お時間がございましたら 是非 読んでみてください。 塗料メーカーで13年。営業の立場で塗料にかかわり、その後、自分で塗り出して
    17年。現場での塗料に対する考えや、口で言うのは簡単だけど、それを現実にするのは難しい
    など、様々な経験によって感じていることを書かせていただいています。
    隔月で掲載させていただいていますので、よろしくお願い致します。

    詳しくはこちら

  • 外壁2色仕上げ

    今回の神戸市北区物件は、現在外壁1色仕上げ→2色仕上げにする外壁塗装です。
    幕板などがある場合は、よく2色仕上げにしますが、幕板がなくても2色仕上げは可能です。
    どの高さで分けるかを、お施主様と相談しながら スミをうちをし テープを張り塗っていきます。
    刷毛・ローラーで塗装すると、テープの裏に塗料が回るので、今回は その部分のみスプレー塗装し線を出していきました。
    なかなか手のかかる作業ですが、親方にとっては楽しい作業でした。

    詳しくはこちら

  • 屋根塗装

    屋根塗装で最も重要なのは高圧洗浄です。
    特に、最初の塗替え時に高圧洗浄をおろそかにすると、後々 塗膜剥離が生じ その後の塗替えもリスクが伴う工事となります。
    10年以上経過した屋根は、脆弱層が多く その脆弱層を除去することが必要です。
    当社では屋根部は、トルネードジェットタイプで洗浄するため、脆弱層を完全に除去することができます。
    一口に高圧洗浄と言っても色々ありますので、注意が必要と共に、高圧洗浄を使って何をするのかが解っていないと 的をとらえない工事となります。神戸市北区の広瀬塗装店は100%自社施工の為、貴家への愛着を持って作業いたします。

    詳しくはこちら

  • 玄関扉塗装

    玄関扉の塗装を行いました。
    長年 雨や太陽光線にさらされている玄関扉は劣化してきます。
    扉表面でも、太陽に当たる場所は劣化が早く 色が変わってきたり 塗膜が剥がれてきたりします。
    玄関扉は家の顔でもあり、とても目につきやすい場所です。
    今回も変色がかなり進んできていたために塗替えを行いました。
    まず、扉全体を木研磨サンダーをあて、脆弱塗膜や不陸部などを丁寧に研磨していきます。
    その後、手の油などが付着していると思われる箇所を入念に脱脂し、全体も脱脂します。
    研磨→脱脂→研磨 を繰り返し下地調整を行います。
    下地調整が終わりましたら、木部用下塗塗料を塗布します。乾燥後 研磨→清掃後、再度下塗りを塗布します。
    下塗が終わりましたら上塗を塗っていきます。乾燥後、研磨し再度上塗を塗ります。
    仕上がりの艶の具合を見ながら仕上げ工程に入っていきます。
    木部玄関扉の施工は、工程をかければかけるほど、仕上がり感が向上しますので、やりがいのある仕事です。

    詳しくはこちら

  • 神戸市北区の塗装現場が完了しました。

    神戸市北区藤原台の塗装現場が完了しました。
    旧塗膜に泡が発生しており、高圧洗浄後にペーパー・マジックロン等により気泡の研磨作業を行い、下地を整え下塗へと入っていきました。気泡を研磨する作業は時間と労力を要しますが この作業が重要なために時間をかけ丁寧に行いました。
    お客様からも ”丁寧な仕事だね” とお褒めの言葉を頂き、とてもうれしかったです。
    窯業系サイディング用下塗後、水性フッ素樹脂塗料で仕上げを行いました
    仕上がりは、光沢・肉もち感があり つるっ とした仕上がりになりました。
    これも、気泡研磨に時間をかけたので 満足のいく仕上がりとなりました。
    これからも、ひと手間を惜しまずに貴家への愛着を持って塗って生きたと思います。

    詳しくはこちら

外壁・屋根・その他塗装に関するご質問やご相談は
お電話またはメールにてお気軽にお問い合わせください。