三田市,神戸市北区の外壁塗装は広瀬塗装店にお任せください!適正価格で職人が施工いたします

ブログ

屋根補修コロニアルの部分張替  神戸市北区/三田市

今回の事例は、屋根材が破損した場合の補修方法です。

屋根材が割れて落ちかけています。

このまま放置すると、強風時に飛ばされて2次被害の恐れがあるので早めの対応が必要です。

棟板金を外して、貫板を外した状態です。

上記写真の右側が破損していますが、両サイド共に屋根材を交換します。

結構な割れ方をしていたので、そんなにもろいのかと思い手で折り曲げて割ろうとしましたが

そう簡単には割れませんでした。

自然の力や経年劣化などの現象って恐ろしいなあ と感じました。

両サイドとに屋根材を交換し、次は貫板の設置です。

貫板は屋根材の長寿命化が進む中で進化していない箇所です。

今でも、多くは木を使用しているので被害報告の多い箇所です。

劣化のメカニズムは棟板金の釘抜けにより雨水が浸入し大きな劣化と繋がります。

 

棟板金の中で、このように腐朽が進むと強風時に簡単に棟板金が飛んでいきます。

棟板金は丈夫そうに見えますが、釘が抜けると内部ではこのような恐ろしい現象になっています。

そこで今回使用した貫板は、棟板金と同じ素材のガルバニウム鋼板で過去されている【ガルベース】を使用。

ガルバニウム鋼板は耐久年数30年と言われている素材です。

ガルベースをしっかりとビスで固定し棟板金を被せれば完成です。

今回は、棟板金も新しいものに交換しましたが、既存の物を使用することも可能です。

これで強風時の心配もなくなりひと安心です。

様々な補修工事がありますが、必要な補修工事は施工業者とじっくり話し合いながら進めてください。

信頼した業者に工事を依頼することが1番良い方法だと思います。

 

神戸市北区/三田市の外壁塗装はお任せください!!

無料診断・見積り 初めての方 ビフォーアフター お客様の声 外壁塗装とは 屋根塗装とは 料金プラン 広瀬塗装について 選ぶメリット ご依頼から施工完了まで よくある質問 Facebook ブログ
店舗画像 ロゴ

〒651-1514 兵庫県神戸市
北区鹿の子台南町2-7-11

078-951-0239

営業時間: 9:00~18:00
定休日: 不定休

お問い合わせ